マルちゃん 塩ゆでえだ豆 1.5kg Green Soybeans (Edamame) [554020-costco]

【マルちゃん 塩ゆでえだ豆 台湾産 1.5kg】

とりあえずビールでカンパーイッ!! とくれば 何はなくても、えだ豆ですね!!
えだ豆は枝豆と書きますが、沢山の枝にさや豆がなるところから名づけられました。
江戸時代にすでに台湾から日本に入っていたようですね。

江戸の庶民は、夏の風物詩として枝豆が大好物!!
仕事上がりには縁台に腰掛けて浴衣がけで角打ちでグビグビグビ〜ッとやったもんです。
つまみはもちろん枝豆。
天秤棒に枝豆をどっさりぶら下げた枝豆売りが、掛け声も勇ましく売り歩いたもんです。

「まめやぁ〜えだまめぇ〜」 これ、日本舞踊にもあるもんで、大工の若衆なんぞがご新造さんと浴衣がけで、枝豆で一杯なんぞが粋な風情だったようですねぇ。

でもこのころは、冷凍なていうものはありませんから、
「ちょいと豆やさん、枝豆一把おくれよ」
なんていいますと、枝つきの豆なんですね。

七輪でお湯を沸かして、枝豆をちぎって、パラパラと鍋に入れて、茹で上がった枝豆を竹のザルにとって、熱々の枝豆をハフハフいいながら食べるころには、すっかり酔いも回ってしまうなどという、なんとも風情があったもんです。

このころの大工の職人というのは、朝早く仕事して、昼過ぎにはもう上がっていました。
なんたって仕事が速いのが腕のいい職人だってね!!

あれから300年。 現代のサラリーマンは、仕事が遅いのか仕事が多いのか?
ぎりぎりまで仕事して、やっとたどり着いた郊外のわが家。
とるものもとりあえず、まずは缶ビールでカンパーイ。
その間に、冷凍庫から一掴みのえだ豆をとりだして、流水解凍。
1-2分で、おいしいえだ豆で盛り上がりま〜す。

マルちゃんの塩茹えだ豆、茹で上がりに塩をパラパラ振り掛ける手間さえいりません。
おまけにものすごくでかい袋です。おまけに格安。

今まで近所のコンビニで小袋のえだ豆を買ってたことを思うと 発泡酒からビールにランクアップしようかな? 
なんて思うだけで 幸せ〜な気分にもなれますねぇ。

【注意】暖かくなると売り切れる商品です。     
賞味期限も1年半ありますので、寒いうちにストックを!!
マルちゃん 塩ゆでえだ豆 1.5kg Green Soybeans (Edamame) [554020-costco]

販売価格: 918円(税別)

(税込: 991円)

冷凍便: 430円(税込:473円) がかかります。

この商品は軽減税率の対象です。

在庫数 在庫あり
数量:
当店からのお知らせです。ご注文の前に必ずご確認ください。